【PHP】期間内の祝日・定休日などを含んだ日付情報を取得する


1.まず最初に、開始日と終了日で指定した期間内の日付リストを「Y-m-d」形式の配列で取得する関数を用意します。

/**
 * 期間内の日付(Y-m-d 形式)を取得する
 *
 * @param       string      $date_start     開始日(Y-m-d)
 * @param       string      $date_end       終了日(Y-m-d)
 * @return      array                       日付の配列
 */
function getDateList($date_start, $date_end) {

    $DateTime = new DateTime($date_start);

    $date_list = array();

    while ($DateTime->format('Y-m-d') <= $date_end){ $date_list[] = $DateTime->format('Y-m-d');

        $DateTime->add(new DateInterval('P1D'));        // 1日加算
    }

    return $date_list;
}

 

2.次に、開始日と終了日で指定した期間内の日付情報を配列で取得する関数を用意します。

先程の関数と、Google Calendar API を合わせることで、期間内の定休日・祝日情報などを取得することが可能になります。

/**
 * 期間内の日付情報を取得
 *
 * @param       string      $date_start     開始日(Y-m-d)
 * @param       string      $date_end       終了日(Y-m-d)
 * @param       array       $option         オプション
 *                array       holiday         定休日の曜日番号(0:日曜 ... 6:土曜)
 * @return      array                       日付の配列
 */
function getDateInfo($date_start, $date_end, $option = array()) {

    $date_list = getDateList($date_start, $date_end);
    $holiday_list = getHolidayList($date_start, $date_end);

    $date_info = array();

    foreach ($date_list as $d_val) {

        $DateTime = new DateTime($d_val);

        $date = $DateTime->format('Y-m-d');
        $w = $DateTime->format('w');

        if (isset($option['holiday']) && in_array($w, $option['holiday'])) {
            $date_info[$date]['holiday'] = 1;

        } elseif (in_array($d_val, $holiday_list)) {
            $date_info[$date]['holiday'] = 1;

        } else {
            $date_info[$date]['holiday'] = 0;
        }
    }

    return $date_info;
}

 

3.「getHolidayList 関数」を用意します。
詳細は、以下の記事に載っています。
【PHP】Google Calendar API を使用して、日本の祝日を取得する方法

 

4.関数を呼び出します。

$option = array(
    'holiday' => array(
        0,        // 日曜
        6,        // 土曜
    ),
);

$date_list = getDateInfo('2017-11-01', '2017-12-31', $option);

option に休日を設定できます。
上記の例では「土」「日」が休日の場合の指定方法です。

戻り値について。
休日の場合は「holiday」が「1」
平日の場合は「holiday」が「0」
で返ってきます。

ちなみに「option」と「返り値」に「holiday」を付けて配列の階層を深くしているのは、「曜日」を返せるようにしたりなどの拡張を見越してです。


【PHP】Google Calendar API を使用して、日本の祝日を取得する方法


Google Calendar API を使用して祝日を取得する方法について。

Google 側の仕様が結構変わっているようで、ネット上に落ちてる情報が古かったので載せておきます。

(今回紹介する Google Calendar API の利用例は、コチラの記事にて 【PHP】期間内の祝日・定休日などを含んだ日付情報を取得する

1.API キーの発行

Google Cloud Platformにアクセスして「Google API を利用する」を選択する。

他者にAPIキーを利用されないように「HTTP リファラー」などで、APIキーに制限をかける。

「HTTP リファラー」で、APIキーに制限をかけた場合、同一ドメイン内であれば、Google Map などにも使いまわせます。

2.Google Calendar API を使用して祝日を取得する関数を用意

/**
 * 期間内の祝日を取得する
 *
 * @param       string      $date_start         開始日(Y-m-d)
 * @param       string      $date_end           終了日(Y-m-d)
 * @param       string      $google_api_key     Google API Key
 * @return      array                           祝日の配列
 */
function getHolidayList($date_start, $date_end, $google_api_key) {

    // カレンダーID
    $calendar_id = urlencode('ja.japanese#holiday@group.v.calendar.google.com');

    $max_results = 100;

    $startDate = new DateTime($date_start);
    $endDate = new DateTime($date_end);

    $param_start = $startDate->format('Y-m-d') . 'T00:00:00Z';
    $param_end = $endDate->format('Y-m-d') . 'T00:00:00Z';

    $url  = 'https://www.googleapis.com/calendar/v3/calendars/' . $calendar_id . '/events';
    $url .= '?key=' . $google_api_key;
    $url .= '&timeMin=' . $param_start;
    $url .= '&timeMax=' . $param_end;
    $url .= '&maxResults=' . $max_results;
    $url .= '&orderBy=startTime';
    $url .= '&singleEvents=true';

    $ref = 'http://humo-life.net';

    $ch = curl_init();

    curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $url);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
    curl_setopt($ch, CURLOPT_REFERER, $ref);

    $result = curl_exec($ch);

    curl_close($ch);

    if (empty($result) === true) {
        return array();
    }

    $json = json_decode($result);

    if (empty($json->items) === true) {
        return array();
    }

    $holiday_list = array();

    foreach ($json->items as $item) {
        $holiday_list[] = $item->start->date;
    }

    return $holiday_list;
}

ざっくり解説

カレンダーIDは、Googleカレンダーの設定画面から確認可能です。
https://calendar.google.com/calendar/r

API に制限をかけたので「CURLOPT_REFERER」でリファラーを設定する必要があります。

3.実際に使ってみる

使用例は以下の記事にて。
「2」で紹介している「getDateInfo」関数内で使用しています。
【PHP】期間内の祝日・定休日などを含んだ日付情報を取得する


【Tera Term】マクロによるウィンドウタイトルの設定方法


Tera Termを複数起動していると、どのウィンドウが、どのサーバーへの接続かパッと見で判別できず不便だな~と思ってましたが。

ふと「マクロで設定できるんじゃないか?」とマクロコマンド一覧を調べてみたら、案の定ありました。

settitle '設定したいタイトル'

この一行をマクロに追加するだけでできました。

日本語を設定しようとすると文字化けをしましたので、タイトルにはドメインなどを指定してあげると分かりやすくて良さそうです。

自動ログインマクロの作り方については以下から。

SSH自動ログインマクロ

鍵認証方式でのSSH自動ログインマクロ