誤って消した Google Chrome のブックマークの復活方法


ブックマークを消してしまった経緯

Chromeに会社で共有しているアカウントでログインをしてしまい、そちらを切断しようとしてユーザーデータまで消してしまいました。

 

Chrome にログインしたアカウントの切断

Chromeにログインしたアカウントを切断するには、【設定】>【ログイン】>【Googleアカウントを切断】だけでできます。

しかし、さらに【設定】>【ユーザー】>【このユーザーを削除】まで行ってしまったところ、ブックマークや保存されていたパスワードなど全て消えてしまいました。。。

 

ブックマークの復元

復旧方法を検索してみたところ、下記のサイトに詳しく書かれていました。
誤って削除したGoogle Chromeのブックマークを復元する方法 | OXY NOTES

大抵の人は上記のサイトに書かれている方法で解決できると思いますが、解決できなかった場合は、私の行った操作が参考になるかもしれません。

私が使っていたのは、Windows7 64bit だったので
C > Users > ユーザー名 > AppData > Local > Google > Chrome > User Data > Default
の中に、「Bookmarks」と「Bookmarks.bak」がありました。

テキストエディタで中身を確認してみたところ、幸いにも以前のブックマークのデータが残っていました。


1.そこで、まずはデスクトップに「Bookmarks.bak」をコピー

2.デスクトップにコピーした「Bookmarks.bak」を「Bookmarks」にリネーム

3.「Bookmarks」のコピーを、元の「Default」フォルダにアップ

4.Chromeの再起動

としましたが、ブックマークを復元できませんでした。

「User Data」フォルダを確認してみたところ、「Default」フォルダが削除されていました。

そこで「User Data」フォルダからエクスプローラーの検索機能で「Bookmarks」を検索してみたところ、「Profile 1」というフォルダに「Bookmarks」が新たに作られていることがわかりました。

詳しく調べたわけではないので推測になりますが、Chromeの設定で「ユーザーの削除」を行ってしまったので、再起動のタイミングで「Default」フォルダが削除され、新たに「Profile 1」というフォルダが作られたようです。

もし、「Default」が見つからずブックマークを復元できない場合は、「User Data」フォルダ内に別の名前でフォルダが作られている可能性がありますので、そちらを探してみると「Bookmarks」を見つけることができるかもしれません。

ただし、Chromeのユーザーを複数持っている場合は、別のユーザーのブックマークを上書きしないように注意してください。

上書き前に、そのフォルダの「Bookmarks」をテキストエディタで確認したり、「Bookmarks」のバックアップをとってから上書きすることをオススメします。

 


【jQuery】select(セレクトボックス)の入力値に合わせて、入力項目の表示・非表示を切り替える


JavaScriptを使用して、セレクトボックスの内容に合わせて、入力項目の表示・非表示の制御を行う方法。
やり方は色々ありますが、今回はアニメーションなどを利用せず、極力簡単に実装出来る方法を選択しました。

実装には jQuery の change イベントを使用し、セレクトボックスの内容に変更があった場合に、スタイルシート(css)でHTMLタグの表示・非表示の切り替えの処理を行っています。

サンプルはこちら

下記のコードでは、
・タイプが「映画」の場合は、「著者」の入力ボックスを非表示
・タイプが「」の場合は、「著者」の入力ボックスを表示
という処理を行っています。

<script type="text/javascript">
$(function(){
  $('#tr_type select[name="type"]').change(function() {
    if ($('select[name="type"] option:selected').val() == 'book') $('#tr_writer').css('display','table-row');
    else $('#tr_writer').css('display','none');
  });
});
</script>
<table>
  <tr id="tr_type">
    <th>タイプ</th>
    <td>
      <select name="type">
        <option value="movie">映画
        <option value="book">本
      </select>
    </td>
  </tr>
  <tr id="tr_title">
    <th>タイトル</th>
    <td>
      <input type="text" name="title" value="" size="20" maxlength="20">
    </td>
  </tr>
  <tr id="tr_writer" style="display: none;">
    <th>著者</th>
    <td>
      <input type="text" name="writer" value="" size="20" maxlength="20">
    </td>
  </tr>
</table>

簡単に解説を

3行目
change イベントの実行

4行目
「本」が選択されていたら、「著者」の tr のスタイルシートを「display: none;」(非表示)から「display: table-row」(表示)に変更

5行目
「本」以外が選択されていたら、「著者」の tr のスタイルシートを「display: none;」(非表示)に変更

25行目
tr にスタイルシート「style=”display: none;”」を指定することで、ページ読み込み時は非表示にする

jQuery を使うとタグの制御が本当に簡単にできますね。
こんなに短いコードで実装できるとは思いませんでした。

参考サイト
・change イベントについて > change(fn) – jQuery 日本語リファレンス
・スタイルシートの display > とほほのスタイルシート入門


第16回 羽衣ねぶた祭


昨日は、クロスバイクで東京都立川市の羽衣町でやってる「第16回 羽衣ねぶた祭」に行ってきました。

生憎の曇り空で、雨がふらないか心配でしたが、立川市へ向かう道中ちょっと降られたものの現地に着く頃には雨も上がっていたので助かりました。

多摩川

立川市目指して、多摩川沿いを移動。

 

貸しボート

貸しボート屋を発見。
多摩川にもあるんですね。

 

猫

途中雨が強くなってきたので、橋の下で猫と一緒に雨宿り。

 

羽衣ねぶた祭
羽衣ねぶた祭

立川駅到着後、どこで開催しているか分からずしばらく迷ったもののなんとか到着!
 

羽衣ねぶた祭

全部で6基あるらしいねぶたを順番に見ていく。

 

羽衣ねぶた祭

裏側にも綺麗な絵が

 

羽衣ねぶた祭

関羽雲長かな?

 

羽衣ねぶた祭

こちらの美人なお姉さんは誰だろう?

 

羽衣ねぶた祭

鬼と鯉というよく分からない組み合わせ

 

羽衣ねぶた祭

背面も凝ってて綺麗。

 

羽衣ねぶた祭

各ねぶたの説明が載ってるパンフレットが欲しいところ。

 

羽衣ねぶた祭

上に人が。
この高さで動くと結構怖そう。

 

羽衣ねぶた祭

躍動感があって迫力満点!

 

羽衣ねぶた祭

横から見ると結構奥行きがあります。

 

羽衣ねぶた祭

この絵って誰かが書いてるのかな?
それとも印刷?

 

羽衣ねぶた祭

こちらも相撲のワンシーンのような迫力。

 

羽衣ねぶた祭

背面は風神雷神と誰だろう?

 

羽衣ねぶた祭

最後はアンパンマンと誰?(笑)
裏はメロンパンナちゃんになってたけど、ブレちゃってた。

 

羽衣ねぶた祭

終端

 

練り歩き前の試運転。

 

羽衣ねぶた祭

練り歩き開始!

 

羽衣ねぶた祭

目の前を通り過ぎるのは大迫力!
動画に撮りたかったなぁ。

 

羽衣ねぶた祭

意外と曳いてる人数は少ない。

 

羽衣ねぶた祭

ひょっとこ。

 

◇ 走行データ ◇
走行距離:62.29km
走行時間:245.75分
平均速度:15.21km/h
消費カロリー:648.3kcal

距離は、45~50kmぐらいになるかなと思っていたら、想像以上に遠くて60km超えに・・・。
思った以上に疲れが溜まっており、帰宅後はちょっとふらふらしてました(笑)

ちょっと遠回りになっても、多摩川のサイクリングロードを使うと、信号による停止もないし、風や自然の香りが心地よいので気分よく走れますね。