誤って消した Google Chrome のブックマークの復活方法


ブックマークを消してしまった経緯

Chromeに会社で共有しているアカウントでログインをしてしまい、そちらを切断しようとしてユーザーデータまで消してしまいました。

 

Chrome にログインしたアカウントの切断

Chromeにログインしたアカウントを切断するには、【設定】>【ログイン】>【Googleアカウントを切断】だけでできます。

しかし、さらに【設定】>【ユーザー】>【このユーザーを削除】まで行ってしまったところ、ブックマークや保存されていたパスワードなど全て消えてしまいました。。。

 

ブックマークの復元

復旧方法を検索してみたところ、下記のサイトに詳しく書かれていました。
誤って削除したGoogle Chromeのブックマークを復元する方法 | OXY NOTES

大抵の人は上記のサイトに書かれている方法で解決できると思いますが、解決できなかった場合は、私の行った操作が参考になるかもしれません。

私が使っていたのは、Windows7 64bit だったので
C > Users > ユーザー名 > AppData > Local > Google > Chrome > User Data > Default
の中に、「Bookmarks」と「Bookmarks.bak」がありました。

テキストエディタで中身を確認してみたところ、幸いにも以前のブックマークのデータが残っていました。


1.そこで、まずはデスクトップに「Bookmarks.bak」をコピー

2.デスクトップにコピーした「Bookmarks.bak」を「Bookmarks」にリネーム

3.「Bookmarks」のコピーを、元の「Default」フォルダにアップ

4.Chromeの再起動

としましたが、ブックマークを復元できませんでした。

「User Data」フォルダを確認してみたところ、「Default」フォルダが削除されていました。

そこで「User Data」フォルダからエクスプローラーの検索機能で「Bookmarks」を検索してみたところ、「Profile 1」というフォルダに「Bookmarks」が新たに作られていることがわかりました。

詳しく調べたわけではないので推測になりますが、Chromeの設定で「ユーザーの削除」を行ってしまったので、再起動のタイミングで「Default」フォルダが削除され、新たに「Profile 1」というフォルダが作られたようです。

もし、「Default」が見つからずブックマークを復元できない場合は、「User Data」フォルダ内に別の名前でフォルダが作られている可能性がありますので、そちらを探してみると「Bookmarks」を見つけることができるかもしれません。

ただし、Chromeのユーザーを複数持っている場合は、別のユーザーのブックマークを上書きしないように注意してください。

上書き前に、そのフォルダの「Bookmarks」をテキストエディタで確認したり、「Bookmarks」のバックアップをとってから上書きすることをオススメします。