WindowsPCに「VMWare Player」を使用して仮想サーバを構築&CentOS6.5インストール


Windowsパソコンに、VMWare Player を使用して、Linuxサーバーのテスト環境を実装する。

目次
1.VMWare Player のインストール
2.CentOS6.5 のダウンロード
3.CentOS6.5 のインストール
4.TeraTerm から SSH 接続する
5.WinSCP を使用してファイル転送を行う

 

1.VMWare Player のインストール

ダウンロード VMware Player 6.0より、【VMware Player for Windows】をダウンロードして、インストールを行います。

 

2.CentOS6.5 のダウンロード

Download CentOSにアクセスして、画面中央下部の「Older Versions」より【then click here »】をクリックします。

ダウンロードしたいバージョンを選んでダウンロードする。
今回は、64bitのCentOS6.5を入れたいので、6.5の【x86_64】を選択します。
適当なミラーサイトを選んで【CentOS-6.5-x86_64-bin-DVD1.iso】をダウンロードします。

 

3.CentOS6.5 のインストール

1.VMware Player を起動し、【新規仮想マシンの作成】を選択

VMwareにCentOS6.5のインストール

 

2.【インストーラディスクイメージファイル】の【参照】で先ほどダウンロードした【CentOS-6.5-x86_64-bin-DVD1.iso】を選択

VMwareにCentOS6.5のインストール

 

3.アカウント設定

VMwareにCentOS6.5のインストール

ユーザー名とパスワードはログインで使用するので忘れないようにメモる。
今回はローカル環境なので、パスワードは簡単にしています。

 

4.仮想マシン名とディレクトリの設定

VMwareにCentOS6.5のインストール

 

5.ディスク容量の指定

VMwareにCentOS6.5のインストール

 

6.準備完了

VMwareにCentOS6.5のインストール

【完了】を押すとインストールが始まります。

 

7.CentOS起動

VMwareにCentOS6.5のインストール

インストールが終わると、起動するOSの選択画面が表示されるので【CentOS 6.5】を選んで起動。

VMwareにCentOS6.5のインストール

パスワードの入力を求められるので、「3.アカウント設定」で設定したパスワードを入力します。
これでインストールは終わりました。

 

8.仮想サーバのIPアドレスを確認

VMwareにCentOS6.5のインストール

メニューから、【Applications】>【System Tools】>【Terminal】と進み、ターミナルを起動し、下記のコマンドを打ちます。
 ※ 2014/09/17 「ifconfig」は非推奨コマンドのため「ip addr」に訂正

ip addr

VMwareにCentOS6.5のインストール

次に下記のコマンドで、SSH が稼働中か確認します。

/etc/rc.d/init.d/sshd status

VMwareにCentOS6.5のインストール

「running…」と表示されればOK。

次は接続環境を整えます。

 

4.TeraTerm から SSH 接続する

TeraTermを起動し、先ほど確認したIPアドレスを入力します。

VMwareにCentOS6.5のインストール

認証画面では、アカウント設定の際に入力した、ユーザー名とパスワードを入力します。

VMwareにCentOS6.5のインストール

ログインに成功すれば、コマンド入力画面が表示されます。

ただ、毎回パスワードを入力して接続するのは面倒なので、オートログインができるショートカットを作成しておきます。

下記の内容をテキストファイルに保存し、ファイル名は「VMware_CentOS.ttl」などとする。

USER_NAME = 'user'
PASSWD = 'pass'
HOST_NAME = '192.168.240.131'
PORT = '22'

sprintf '%s:%s /ssh /auth=password /user=%s /passwd=%s' HOST_NAME PORT USER_NAME PASSWD
COMMAND = inputstr

connect COMMAND

end

拡張子「ttl」のファイルが TeraTerm に関連付けされていれば、ダブルクリックするだけで、ログインできるようになります。

※関連付けの方法などは、以前書いた記事に載せているのでそちらをどうぞ。
Tera Termマクロ(SSH自動ログイン)

 

5.WinSCP を使用してファイル転送を行う

ソフトのダウンロードはWinSCP :: Downloadより、「Installation package」を選択。
インストールが完了したら、WinSCP を起動します。

VMwareにCentOS6.5のインストール

転送プロトコル:SFTP
ホスト名:IPアドレスを入力
ポート番号:22
ユーザ名:設定したユーザー名
パスワード:設定したパスワード

これらを入力したら【保存】を行い【ログイン】します。

これで作業環境が整いました。


“WindowsPCに「VMWare Player」を使用して仮想サーバを構築&CentOS6.5インストール” への6件のフィードバック

  1. オートログインができるというショートカットですが

    USER_NAME = ‘user’
    PASSWD = ‘pass’
    HOST_NAME = ‘192.168.240.131’
    PORT = ’22’

    sprintf ‘%s:%s /ssh /auth=password /user=%s /passwd=%s’ HOST_NAME PORT USER_NAME PASSWD
    COMMAND = inputstr

    connect COMMAND

    end

    以上のテキストではログインできませんでした。
    どの部分を変更すべきなのか対処法を教えてください。

    以上、宜しくお願い致します。

    1. コメントありがとうございます。
      気がつくのが遅れてすみません。

      下記の確認をお願いできますでしょうか?

      1.「USER_NAME = ‘user’」の「user」は、アカウント設定の際に入力した「ユーザー名」になっているかどうか

      2.「PASSWD = ‘pass’」の「pass」は、アカウント設定の際に入力した「パスワード」になっているかどうか

      3.「HOST_NAME = ’192.168.240.131′」の「192.168.240.131」は、「8.仮想サーバのIPアドレスを確認」で確認したIPアドレスになっているかどうか

      4.ショートカットを使わずに、TereTerm で接続するときに、これらの「ユーザー名」「パスワード」「IPアドレス」を入力すればログインに成功するかどうか

      お手数をおかけしますが、問題の切り分けのためによろしくお願い致します。

      1. 返信ありがとうございます。
        初心者ですので分からなくて、、、

        「ユーザー名」「パスワード」「IPアドレス」に関しましては間違いはないです。
        Syntax errorと出ます。

        リンクのTera Termマクロ(SSH自動ログイン)でもやってみたのですが、うまくいきませんでした。

        以上、宜しくお願い致します。

  2. ショートカットを使わないで、TereTermの「新しい接続」から「ユーザー名」「パスワード」「IPアドレス」を入力すると接続に成功して、ショートカットだと失敗するということですよね。

    そうなると、ショートカットの記述が怪しいということになります。
    もしかすると、「’」(シングルクォーテーション)の記述が全角になっている、ということはないでしょうか?
    コメント欄に貼り付けて頂いた記述を確認してみたところ、シングルクォーテーションが全角になってました。
    ご確認をお願い致します。

    1. 全角を半角に直してみたところ、見事に自動ログインすることができました!
      ご対応ありがとうございましたm(__)m

      1. 無事ログインできて良かったです。
        こういったシステム的な記述を行う部分は、基本的に全て半角となりますので、今後他の何かを行うときもその点に気をつけて頂けると良いかと思います。

        また何かありましたら、お気軽にコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です